痩せるポイント(代謝を上げる)

代謝をアップするポイント

 

1.1日3食をバランスよく食べる。

夕食をなるべく軽めにする。

 

2.体を冷やさない食べ方を工夫しよう!

根野菜、香辛料を食事にとり入れましょう。

【しょうが:発汗・保湿作用、唐辛子:脂肪燃焼・保温】

 

3.エネルギー消費に欠かせないのがビタミン・

ミネラルです。

しっかり意識して摂り代謝機能を促進させましょう!

 

4.水分はこまめにとって、しっかり排出しましょう!

 

5.食物繊維(サラダなど)をとって老廃物をすっきり!

 

6.日常生活、家事や仕事でこまめに動いて活動量を

アップさせましょう。

 

筋肉量を落とさずに(無理なダイエットは禁物です)

増やすことが基礎代謝アップの秘訣です。

基礎代謝によるエネルギー消費は筋肉で、全体の

約40%を占めています。

しかし、脂肪が多くついている

人は脂肪の上に筋肉がつくので

痩せにくい体になるので

基本痩せたら筋肉トレーニングしましょう!

 

アミノ酸プロティンをしっかり

摂ると痩せやすいです!

私達の体は主にたんぱく質を材料として

作られています。

良い体にするにはたんぱく質を

足らない程度にとらないと

生まれ変わることができません。

 

そのために、しわ・やつれが出たり、

たるみ・太りやすい・疲れやすいなどが

出やすい体になってしまします。

プロティンを摂ることでできれいに痩せます!

食事ポイント(食べ合わせ)

【食べ合わせのワザ、教えちゃいます!】

ダイエットをする上で最も気を付けなければ

いけないのが【食べ過ぎ】です。

特に「炭水化物」と「脂質」の摂り過ぎです!

直接体重増加に反映されます。

でも、普段「無性にご飯が食べたくなる」時とか

「つい脂っこいものを食べてしまった」てことが

多々ありますよね!そんな時、一緒に

食べて太りにくい「食べ合わせのワザ」を

あなたに伝授致します。

 

【炭水化物の摂り過ぎを防ぐ食べ合わせ!

「炭水化物+食物繊維」です。

「炭水化物」を取り入れる前に

ひじきやわかめなどの海藻類や

きのこ類などの「食物繊維」を一緒に

摂ることで糖質の吸収が遅くなります。

しかも、海藻類やきのこ類はカロリーが

少ない割にお腹を膨らませるので

ダイエットしている人には一石二鳥とも

いえる食品ですね!

脂質の摂りすぎを防ぐ食べ合わせ!
「脂質+酸っぱい物」です。

酢やフルーツに含まれる「クエン酸」は

エネルギー代謝をアップさせ

脂肪燃焼を促す働きがありますので、

「「酸っぱい物を食べる前に」

とると効果的です。


炭水化物もしくは脂質の摂りすぎを

防ぐ食べ合わせ!

「炭水化物もしくは脂質+ねばねば食品」です。

滋養効果もあるヤマイモや納豆、オクラ、

なめこ、れんこんなどの「ねばねば食品」は、

低カロリーなだけでなく、その

「ねばねば食品」も実は「食物繊維」であり、

また体内で油をはじき、脂肪の吸収を

少なくしてくれるという有り難い

働きがあるのです。

 

以上が上手な「逃げ道」です。

「ひじきの煮物」や「唐揚げの付け合わせ

のレモン」「揚げ物+酢の物」「納豆ご飯」

など、「和食」にはもともとそういう知恵&

工夫がいろいろ盛り込まれているんですね。

ただし、いくら「プラスマイナスの食べ合わせ」を

知っていても、毎日のように「オキテ破り」を

していたのでは、体重が落ちることは

ありませんので、そこのところは

くれぐれも注意して下さいね!

 

食べすぎを解決!!体重管理の必須知識

食べ過ぎたときは

48時間が勝負!!

たった2日間食事に気をつければ

リセットできる!!

前日夜遅くまで飲んで食べて満腹に・・・

さあ、翌日からリセットしましょう!!

1日目:朝は水でリセット!

生の野菜やフルーツ、魚で

酵素をたっぷり摂ります。

 

朝:前日に食べたものが、おなかに

消化しきれずに残っています。

朝は水だけでいったんリセット!!

昼:昼は軽めに。サラダやフルーツ、

温かいワカメなどのスープ、

主食を入れるなら玄米で。

夜:生の野菜を魚でたっぷり酵素を

取りましょう!!

主食は玄米などにして

パスタや麺など小麦製品は

避けます。

 

2日目:生の野菜・フルーツで酵素や

繊維質をたっぷり!

小麦製品は避けましょう!

(パン・パスタなど)

 

朝:りんごやみかんなどのフルーツを

生で1種類だけ食べましょう!

昼:ごはん、魚、味噌汁に副菜の和定食が

ベスト!!ごはんは玄米か雑穀米に

しましょう。

夜:通常のように食べてもOK。

ごはん中心の和定食にすれば、

さらにベストです!!

 

追伸:飲み会などでついつい食べ過ぎても

たった2日間食事に気をつければ

元に戻ります。だから無理なく簡単

ダイエット法なのです!!

むくみとさよなら、レッツゴー!むくみを改善

質問1:どうしてむくむの?

 

リンパ管は体中に張り巡らせている血管同様の細い管です

 

血管が血液や酵素などを運ぶ「上水道」だとするとリンパ管は

 

脂肪・老廃物を運ぶ「下水道」のような役割

 

そのリンパの流れが悪くなると体液が細胞に

 

たまりむくんでしまいます

 

むくみを放っおくとセルライトの原因になります

 

足がむくみやすいのは???

 

心臓から離れていて、体の下にあるから。

 

筋肉がポンプの役目をしてリンパを流してくれるのですが

 

その力が弱いと上がらずに溜まってしまいます

 

質問2:むくみの原因は何??

 

□塩分の取りすぎ

 

□立ち仕事・座りっぱなし

 

□睡眠不足

 

□栄養バランスの偏り

 

□アルコールの摂りすぎ

 

□運動不足

 

□冷え

 

□ストレス

 

改善ポイント1:むくみを解消する食べ物とは??

 

カリウム(利尿作用)

 

スイカ・バナナ・海草・キノコ・きゅうり

 

クエン酸(疲労回復)

 

トマト・レモン・グレープフルーツ・酢

 

ビタミン・ミネラル(水分代謝)

 

豚肉・のり・ごま・納豆・うなぎ・レバー・ほししいたけ

 

改善ポイント2:むくみを解消する方法とは??

 

□運動不足

 

□マッサージ

 

□入浴など

 

改善ポイント3:むくみ解消の強い味方!!

 

タンパク質が不足するとむくみの原因に!

 

ビタミンCと一緒にとると

 

むくみが起こりにくくなります!!!

 

プロテイン+アロエベラジュース
=最強コンビ!!

腸内細菌■ 善玉菌・悪玉菌とは

善玉菌

 

ビタミンの合成

 

消化吸収の補助

 

腸内ビフィズス菌

 

腸球菌

 

ユウバクテリウム

 

 

 

悪玉菌

 

便を腐敗させ有害物質(発がん物質等)を作り出す

 

免疫機能を低下させる

 

大腸菌(O-157など)、

 

ウェルシュ菌

 

ブドウ球菌

 

 

 

腸の中では500種類以上約100兆個の細菌が棲んでいると言われ

 

善玉菌と悪玉菌に分けられます

 

年をとるに従って

 

善玉菌を減っていき

 

悪玉菌が増えてきています

 

 

 

悪玉菌が増えると病気に対する抵抗力(免疫機能)が

低下し病気にかかりやすくなったり

 

食べ物充分に消化しきれずに

 

大腸で毒素(アンモニア・インドール・硫化水素など)

 

を作り出し便やおならが臭いなどということが

おこってきます

こうして悪玉菌が増え

 

善玉菌が減ることで

 

年齢に従って腸も老化していくのです

 

若いからといって油断はできません

 

脂肪分や肉類の多い

 

欧米型の食生活が拍車をかけ

 

若年層でも悪玉菌の多い人が

 

目立つようになってきました

 

 

 

バランスの良い食生活を心がける

 

肉類中心の食事では

 

おのずと油脂分が多くなりがちです

 

完全消化されずに腸に送られた肉や脂は

 

悪玉菌の餌となって

 

悪玉菌増加の原因になることも・・・

 

 

 

便秘にならないように気をつける

 

便秘は悪玉菌を増やすモト

 

規則正しい生活をすることで

 

便通のリズムを整えましょう

 

食物繊維の摂取は

 

便の量増やしたり

 

朝の動きを活発にします

善玉菌の強い味方

 

■乳酸菌・・・ヨーグルト、漬物、キムチ

 

■オリゴ糖・・・ごぼう、たまねぎ、バナナ、蜂蜜、大豆

 

■乳糖・・・牛乳、乳製品

 

■アルギン酸・・・こんぶやわかめ等

 

■納豆菌・・・納豆

痩せるポイント★ 代謝を上げる

代謝アップするポイント

①1日3食バランスよく食べる。夕食はなるべく軽めにする。
②体を冷やさない言う食べ方を工夫しよう!

 

根野菜、香辛料を食事に取り入れましょう。

 

【しょうが:発汗・保湿作用、唐辛子:脂肪燃焼・保湿】

③エネルギー消費に欠かせないビタミン・ミネラルを

意識してしっかり摂り代謝機能を促進させましょう!

④水分をたっぷりとって、しっかり排出しよう!

 

1日2リットルはとりましょう。

⑤食物繊維で老廃物をすっきり!

 

海藻類、ごぼう、こんにゃく、納豆、おからなど。

 

⑥日常生活でこまめに動いて活動量を増やす。

 

 

筋肉量を落とさずに増やすことが基礎代謝アップのカギ

基礎代謝が高いタイプ

基礎代謝によるエネルギー消費は筋肉で、

全体の約40パーセントを占めています。

筋肉が多くて痩せやすい

 

基礎代謝が低いタイプ

体脂肪が多くて太りやすい
基礎代謝が行われる身体の部位

筋肉が4割を占めるので基礎代謝量は

 

筋肉量によって大きく左右されるます。

アミノ酸(プロテイン)をしっかり摂ると痩せやすい!

私たちの体はタンパク質を主な材料にして作られています。

 

蛋白質が足らないと良い体に生まれ変わることができません。

 

そのために、しわ・やつれが出たり、たるみ・太りやすい・

疲れやすいなどをでやすい体になってしまいます。

プロテインを摂ることできれいに痩せます。

酸化の秘密◇老化を防ぐには

老化とは、身体が酸化してしまうこと。

 

サビや食べ物が腐る事と同じ現象です

 

身体の中の機能がサビつくと正常な働きができなくなり

 

体の機能の低下などに使われます。

 

「今より若々しいお肌や体を手に入れたい」

 

と言うのは誰しも願うこと。

若返りの秘訣にはまず「老化」を
防ぐ知識を得ることから!

 

若返り術その1便秘解消!!

 

若返りを目指すにあたって、便秘なんてもってのほか!

 

体内に残った便からは老廃物があふれ出し、

 

身体をどんどん汚くし、老化が進みます。

 

たっぷりの水分と食物繊維と軽いストレッチで

 

便秘と「さよなら」しちゃいましょう。

 

身体がきれいになれば代謝までアップしやすくなりますよ!!

 

アロエベラジュースとプロバイオテックは

便秘しにくい最強コンビです!!

若返り術その2抗酸化パワーで老化を低下!!

 

酸化に対する抗酸化とはまさに若返りに必須のパワー!!

 

活性酸素の動きを抑えたり排出してくれるので、

 

とっても頼りになります。

 

抗酸化のパワーを生み出すのは

充分なビタミンミネラルの摂取です。

 

毎日の食事で極力野菜類は取り入れていきましょう!

 

ビーボレンは特に抗酸化力が

高いスペシャルフードです!!

若返り術その3昔の肌のハリを取り戻す!!

 

乾燥したハリのないお肌ではとても若々しくは見えません。

 

年々減少するお肌の成分を保つには

外からと中からのケアが必要となります。
その影響力は外から2割、中から8割と言われています。

 

まずは中から肌の弾力を作り上げるために、

 

ヒアルロン酸(保湿力抜群!)や

アミノ酸(肌を作り上げる材料)などを摂取し、

 

外からのケアは毎日のお手入れを欠かさずに!!

 

必須アミノ酸配合のプロテインと

ヒアルロン酸たっぷりのアクティブHAで
美肌を作り上げる!!

若返り術その4心のデトックス!!

 

ネガティブな感情で満たされた心はどんなに

外見がきれいでも雰囲気ににじみ出てしまいます。

 

心の毒素を出して雰囲気も若々しいあなたに
なればさらにイキイキとした毎日が送れますよ!!

 

 

加工食品認証されている☆食品添加物には注意!

「今日の昼食はスーパーやコンビニ行って済ませよう!」なんてお買い物をしていませんか?加工食品には実にたくさんの添加物が使われているのです。

 

コンビニで人気のおにぎり・お弁当・サンドイッチに

約何種類ぐらい添加物は入っているの??

 

昆布おにぎりで約10~15種類くらい

 

ハムサンド裏ラベルには13種類。

一括表示してあるものもあるので合計約20種類。

 

幕の内弁当で約30種類。

 

添加物=「活性酸素」を大量に発生させ、体を参加させてしまう

添加物は、石油から合成される、保存料・酸化防止剤・発色剤・

甘味料・防腐剤・乳化剤・化学調味料・凝固剤・強化剤・結着剤等で

あり肥満を引き起こしやすくなる。

 

添加物の除去法を教えちゃいます!

 

保存料・発色剤・酸化防止剤・着色料などの添加物を半分に減らせます

 

中華麺・うどん・インスタント麺:熱湯に入れ、1分経ったらお湯を捨てる。

 

ハムソーセージ:ハムを使うときは、さっと湯に通す。

 

ソーセージは、表裏に包丁で切れ目を入れ1~2分くらい茹でる。

かまぼこ:なるべく薄めに切ってさっと湯に通す。

油揚げ:さっと湯にくぐらせる。またはザルにのせて、熱湯かけて油抜きをする。

漬物:漬け汁を捨て、流水で10秒間揉み洗い。

スカベンジャー=抗酸化物質(ビタミン&フラボノイド系)

この名前聞いたことありますか?守ってくれそうなネーミング♪その名の通り、

味方なのです。体の中のお掃除屋さんです。代表的なスカベンジャーは、
ビタミンC、ビタミンE、β-カロチン、カテキン、ポリフェノール、

ゴマリグナン、リコピン。スカベンジャー、

実は【アロエベラジュース】なのです!

アロエベラは、活性酸素から身を守ってくれる強い味方。

添加物を口にしてもアロエベラジュースをしっかり飲んで解毒しましょう!

添加物(活性酸素)を体に摂り入れないように心がけ、

バランスや栄養考えた食生活をすることが大切です