NHKクローズアップ現代!やせすぎな女性に注意!!

現在BMI値が18.5%以下の痩せすぎ若い女性が多いそうです。

厚生労働省の推奨カロリーの半分しか摂取していないそうです。

こういう方は筋肉が減り、代謝が減り、内臓の機能が

悪くなるそうです。

そうすると子供を生んだ場合、赤ちゃんの2500グラム

以下は糖尿病2型になる可能性が多く、

生活習慣病になる確率が極めて高いそうです。

海外ではBMI18%未満はモデルに

なれないそうです。

”しっかり食べる”

モデルは健康美であることが条件だそうです。

 

 

 

 

 

「まごわやさしい」が食事の基本(毎日の食事にとりいれよう)

 豆類:植物性タンパク質

    (大豆・小豆・豆腐・納豆・味噌・醤油・きな粉など

    豆をとると・・・「頭がよくなる」「瞬発力」

    「持久力」「骨が丈夫」になる

 

 ごま:コレステロール値を下げる

        疲労予防・脳の活性化、

        肝臓で脂肪の分解を促進し、

        脂肪を燃焼しやすくする。

 

 
 わかめ:ビタミン・ミネラルが豊富

      ~体の調子を整える~

 

や 野菜:同上

 

さ 魚:不飽和脂肪酸

        血液中の脂肪を

        流してくれる

 

      貝類<アサリ・シジミ・イカ類>

      タウリン・鉄分

      カルシウム

      

      肝臓の解毒能力

      強化・貧血予防

し しいたけ<きのこ類>

      食物繊維~排泄に必要不可欠~

 

い イモ類

 

お買い物の時に

「まごわやさしい」を意識して、

食材を選ぶようにしましょう。

ダイエット折り返して地点◇確認と改善

 

スタート□kg現在□kg

 

 ダイエットもいよいよ折り返し地点

あなたの目標達成はどれくらいですか?

 出来ている項目には□にチェックを入れしてください。

食事編:

□食事は半分にできている。

□食事を取り分けて食べている。

□ゆっくりよく噛んで食べている。

□バランスの良い食事を心がけている。

□食事の前に空腹を感じている。

□夜8時までに食事を済ませている。

 

 

生活編:

□体をこまめに動かしている。軽い運動をしている。

□睡眠時間をしっかりとっている。(67時間)

□毎日便が出る

□トイレの回数が増えた

□水分を(1.52.0リットル)ができている。

 

 

 

体の変化:

□体が軽くなり動きやすくなった。

□ウェストがサイズダウンした。

□肌にハリや艶が出てきた。

 

□周りの人から「痩せたね」と言われる。

 

 

食べ合わせのワザ、教えちゃいます!

 

 
脂質の摂りすぎを防ぐ食べ合わせ!

「脂質+酸っぱい物」です。
酢やフルーツに含まれる「クエン酸」は
エネルギー代謝をアップさせ
脂肪燃焼を促す働きがありますので、
「「酸っぱい物を食べる前に」
とると効果的です。

炭水化物もしくは脂質の摂りすぎを
防ぐ食べ合わせ!
「炭水化物もしくは脂質+ねばねば食品」です。
滋養効果もあるヤマイモや納豆、オクラ、
なめこ、れんこんなどの「ねばねば食品」は、
低カロリーなだけでなく、その
「ねばねば食品」も実は「食物繊維」であり、
また体内で油をはじき、脂肪の吸収を
少なくしてくれるという有り難い
働きがあるのです。

以上が上手な「逃げ道」です。
「ひじきの煮物」や「唐揚げの付け合わせ
のレモン」「揚げ物+酢の物」「納豆ご飯」
など、「和食」にはもともとそういう知恵&
工夫がいろいろ盛り込まれているんですね。
ただし、いくら「プラスマイナスの食べ合わせ」を
知っていても、毎日のように「オキテ破り」を
していたのでは、体重が落ちることは
ありませんので、そこのところは
くれぐれも注意して下さいね

痩せるポイント(代謝を上げる)

 

代謝をアップするポイント

1.1日3食をバランスよく食べる。
夕食をなるべく軽めにする。

2.体を冷やさない食べ方を工夫しよう!
  根野菜、香辛料を食事にとり入れましょう。
【しょうが:発汗・保湿作用、唐辛子:脂肪燃焼・保温】

3.エネルギー消費に欠かせないのがビタミン・
ミネラルです。

しっかり意識して摂り代謝機能を促進させましょう!

4.水分はこまめにとって、しっかり排出しましょう!

5.食物繊維(サラダなど)をとって老廃物をすっきり!

6.日常生活、家事や仕事でこまめに動いて活動量を
アップさせましょう。

筋肉量を落とさずに(無理なダイエットは禁物です)
増やすことが基礎代謝アップの秘訣です。
基礎代謝によるエネルギー消費は筋肉で、全体の
約40%を占めています。
しかし、脂肪が多くついている

人は脂肪の上に筋肉がつくので
痩せにくい体になるので

基本痩せたら筋肉トレーニングしましょう!

アミノ酸プロティンをしっかり
摂ると痩せやすいです!

私達の体は主にたんぱく質を材料として
作られています。
良い体にするにはたんぱく質を
足らない程度にとらないと
生まれ変わることができません。

そのために、しわ・やつれが出たり、
たるみ・太りやすい・疲れやすいなどが
出やすい体になってしまします。
プロティンを摂ることでできれいに痩せます!

食事ポイント(食べ合わせ)

【食べ合わせのワザ、
教えちゃいます!

ダイエットをする上で最も気を付けなければ
いけないのが【食べ過ぎ】です。
特に「炭水化物」と「脂質」の摂り過ぎです!
直接体重増加に反映されます。
でも、普段「無性にご飯が食べたくなる」時とか
「つい脂っこいものを食べてしまった」てことが
多々ありますよね!そんな時、一緒に
食べて太りにくい「食べ合わせのワザ」を
あなたに伝授致します。

炭水化物の摂り過ぎを
防ぐ食べ合わせ!

「炭水化物+食物繊維」です。
「炭水化物」を取り入れる前に
ひじきやわかめなどの海藻類や
きのこ類などの「食物繊維」を一緒に
摂ることで糖質の吸収が遅くなります。
しかも、海藻類やきのこ類はカロリーが
少ない割にお腹を膨らませるので
ダイエットしている人には一石二鳥とも
いえる食品ですね!
次回後半の記事を書きますので
ご愛読お願いいたします!

 

食べすぎを解決!!体重管理の必須知識

食べ過ぎたときは
48時間が勝負!!
たった2日間食事に気をつければ
リセットできる!!

遅くまで飲んで食べて満腹に・・・
さあ、翌日からリセットしましょう!!
1日目:朝は水でリセット!
生の野菜やフルーツ、魚で
酵素をたっぷり摂ります。

朝:前日に食べたものが、おなかに
消化しきれずに残っています。
朝は水だけでいったんリセット!!
昼:昼は軽めに。サラダやフルーツ、
温かいワカメなどのスープ、
主食を入れるなら玄米で。
夜:生の野菜を魚でたっぷり酵素を
取りましょう!!
主食は玄米などにして
パスタや麺など小麦製品は
避けます。

2日目:生の野菜・フルーツで酵素や
繊維質をたっぷり!
小麦製品は避けましょう!
(パン・パスタなど)

朝:りんごやみかんなどのフルーツを
生で1種類だけ食べましょう!
昼:ごはん、魚、味噌汁に副菜の和定食が
ベスト!!ごはんは玄米か雑穀米に
しましょう。
夜:通常のように食べてもOK。
ごはん中心の和定食にすれば、
さらにベストです!!

追伸:飲み会などでついつい食べ過ぎても
たった2日間食事に気をつければ
元に戻ります。だから無理なく簡単
ダイエット法なのです!!

むくみとさよなら、レッツゴー!むくみを改善

質問1:どうしてむくむの?

リンパ管は体中に張り巡らせている血管同様の細い管です

血管が血液や酵素などを運ぶ「上水道」だとするとリンパ管は

脂肪・老廃物を運ぶ「下水道」のような役割

そのリンパの流れが悪くなると体液が細胞に

たまりむくんでしまいます

むくみを放っおくとセルライトの原因になります

足がむくみやすいのは???

心臓から離れていて、体の下にあるから。

筋肉がポンプの役目をしてリンパを流してくれるのですが

その力が弱いと上がらずに溜まってしまいます

質問2:むくみの原因は何??

□塩分の取りすぎ

□立ち仕事・座りっぱなし

□睡眠不足

□栄養バランスの偏り

□アルコールの摂りすぎ

□運動不足

□冷え

□ストレス

改善ポイント1:むくみを解消する食べ物とは??

カリウム(利尿作用)

スイカ・バナナ・海草・キノコ・きゅうり

クエン酸(疲労回復)

トマト・レモン・グレープフルーツ・酢

ビタミン・ミネラル(水分代謝)

豚肉・のり・ごま・納豆・うなぎ・レバー・ほししいたけ

改善ポイント2:むくみを解消する方法とは??

□運動不足

□マッサージ

□入浴など

改善ポイント3:むくみ解消の強い味方!!

タンパク質が不足するとむくみの原因に!

ビタミンCと一緒にとると

むくみ解消効果がより高まります!!!

腸内細菌■ 善玉菌・悪玉菌とは

善玉菌

病原菌や悪玉菌を撃退し免疫機能を高め、体を守る

ビタミンの合成

消化吸収の補助

腸内ビフィズス菌

腸球菌

ユウバクテリウム

 

悪玉菌

便を腐敗させ有害物質(発がん物質等)を作り出す

免疫機能を低下させる

大腸菌(O-157など)、

ウェルシュ菌

ブドウ球菌

 

腸の中では500種類以上約100兆個の細菌が棲んでいると言われ

善玉菌と悪玉菌に分けられます

年をとるに従って

善玉菌を減っていき

悪玉菌が増えてきています

 

悪玉菌が増えると病気に対する抵抗力(免疫機能)が

低下し病気にかかりやすくなったり

食べ物充分に消化しきれずに

大腸で毒素(アンモニア・インドール・硫化水素など)

を作り出し便やおならが臭いなどということが

おこってきます
 

 

 

こうして悪玉菌が増え

善玉菌が減ることで

年齢に従って腸も老化していくのです

若いからといって油断はできません

脂肪分や肉類の多い

欧米型の食生活が拍車をかけ

若年層でも悪玉菌の多い人が

目立つようになってきました

 

 

バランスの良い食生活を心がける

 

肉類中心の食事では

おのずと油脂分が多くなりがちです

完全消化されずに腸に送られた肉や脂は

悪玉菌の餌となって

悪玉菌増加の原因になることも・・・

 

 

便秘にならないように気をつける

 

便秘は悪玉菌を増やすモト

規則正しい生活をすることで

便通のリズムを整えましょう

食物繊維の摂取は

便の量増やしたり

朝の動きを活発にします

善玉菌の強い味方

 

■乳酸菌・・・ヨーグルト、漬物、キムチ

■オリゴ糖・・・ごぼう、たまねぎ、バナナ、蜂蜜、大豆

■乳糖・・・牛乳、乳製品                 

■アルギン酸・・・こんぶやわかめ等

■納豆菌・・・納豆

酸化の秘密◇老化を防ぐには

老化とは、身体が酸化してしまうこと。

サビや食べ物が腐る事と同じ現象です

身体の中の機能がサビつくと正常な働きができなくなり

糖尿病、肝臓の機能の低下などに使われます。

「今より若々しいお肌や体を手に入れたい」

と言うのは誰しも願うこと。
若返りの秘訣にはまず「老化」を

防ぐ知識を得ることから!

若返り術その1便秘解消!!

若返りを目指すにあたって、便秘なんてもってのほか!

体内に残った便からは老廃物があふれ出し、

身体をどんどん汚くし、老化が進みます。

たっぷりの水分と食物繊維と軽いストレッチで

便秘と「さよなら」しちゃいましょう。

身体がきれいになれば代謝までアップしますよ!!

若返り術その2抗酸化パワーで老化をストップ!!

酸化に対する抗酸化とはまさに若返りに必須のパワー!!

活性酸素の動きを抑えたり排出してくれるので、

とっても頼りになります。

抗酸化のパワーを生み出すのは
充分なビタミンミネラルの摂取です。

毎日の食事で極力野菜類は取り入れていきましょう!

若返り術その3昔の肌のハリを取り戻す!!

乾燥したハリのないお肌ではとても若々しくは見えません。

年々減少するお肌の成分を保つには
外からと中からのケアが必要となります。
その影響力は外から2割、中から8割と言われています。

まずは中から肌の弾力を作り上げるために、

ヒアルロン酸(保湿力抜群!)や
アミノ酸(肌を作り上げる材料)などを摂取し、

外からのケアは毎日のお手入れを欠かさずに!!

若返り術その4心のデトックス!!

ネガティブな感情で満たされた心はどんなに
外見がきれいでも
雰囲気ににじみ出てしまいます。

心の毒素を出して雰囲気も若々しいあなたに
なればさらにイキイキとした毎日が送れますよ!!